車 査定

車って査定時に汚れていてもいいの?

車を売るときに査定をしてもらうと思いますが、そのときに気になるのが洗車をしてきれいにしておく必要があるかどうかです。
よくわからなかったので調べてみました。

 

結論から言うと汚くても査定はしてもらえるようです。
ただきれいな方が査定結果はよくなる可能性が高いということでした。

 

というのも汚いとそれまで雑に扱っていたんじゃないかという不安がでてくるのと、
傷などが見えなくなるので真剣に査定をされるからということです。

 

まあ確かに一理あるなと思いました。
洗車するだけで査定があがる可能性があるんならやっておいたほうがいいかな。

 

結構面倒だけど。

 

洗車代の方が高くならないようにしないといけないですね。

 

それにしても最近は車の査定も高くなりやすくなっているんですね。
買い替えなら消費税が増税するまえかもしれませんね。

 

今後は査定をする前にきれいにしておこうと思った一日でした。

 

車を査定するならこんなサイトが参考になります。

 

車査定無料
軽自動車査定

車の買取り時にチェックすること

車買取をしてもらう時にはある程度意識しておくといいポイントがあります。

 

というのはまず、掃除です。

 

外観をある程度キレイにしておきましょう。
簡単な洗車でいいと思います。

 

その時に傷つけてしまわないようにスポンジにはゴミが入っていないことを確認しておきましょう。

 

 

次に純正品のチェックです。
純正品があると査定額が上がる場合があります。

 

というか少し表現が逆で、改造車の場合には査定額が下がる場合があります。
ですので純正品があるならよういをしておいたほうがお得です。

 

ただ、改造のパーツによっては高額になる場合もあるので、
あえて純正品に戻す必要はありません。

 

純正品がありますよ、ということだけ確認しておきましょう。

 

 

 

あとは各種書類などが揃っているかです。
たいていの場合は車のなかにおいていると思いますが、
車検証や自賠責保険などの書類です。

 

それと車載工具もあることを確認しておきましょう。